10.マンチェスター・バイ・ザ・シー

f0034334_23553400.jpg
出演:ケイシー・アフレック、ミッシェル・ウィリアムス、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ
監督:ケネス・ロナーガン
プロデュース:マット・デイモン
映画館:シネスイッチ銀座 6月9日(金)レディースデイ


本年度のアカデミー賞で主演男優賞と脚本賞受賞を受賞し、他の賞でも数々のノミネートを受賞した話題の作品だけに、かなり興味を持って観てきました。
一生戻らないと決めて故郷の町を出た主人公が、兄の死をきっかけに戻らざるを得なくなった時の心の葛藤が丁寧に描かれていて、なぜ町を出たのかその悲しい理由と、彼を取り巻く人の人間愛と、少しの希望とが静かな感動につながる映画でした。

ボストンの郊外で便利屋をしているリー(ケイシー・アフレック)は、この先の人生になんの目標も希望もなく、ただ黙々と日々を過ごしている。
仕事はどんなことでもこなすが、あまりに愛想のない様子で、アパートの客ともめ事を起こすこともしばしば。。。
「F」のつく言葉でアパートの住人や雇い主の管理人とも怒鳴り合う。
住まいは殺風景な半地下の部屋。ろくな生活をしていないことがよくわかる。

ある日、兄が亡くなったとの連絡を受け、故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻っていく。
病院での彼の様子に、離れていても兄のことは慕っていたことが伝わってくる。
たった一人の理解者がいなくなってしまった悲しみと、そしてまた一人残された甥パトリックの後見人になるという現実に戸惑うリー。

映像は、数年前の、漁師である兄とまだ小さい甥と3人で、兄の船で釣りをしながら楽しんでいる様子や、リーの家族(妻と幼い娘2人、赤ん坊の息子)との会話などがところどころに映し出され、幸せそうな彼と現在の彼のあまりのギャップに、一体どんなことが起きたのだろうと不安になる。

一方、兄の忘れ形見の甥っ子は、いかにもアメリカのティーンエイジャー。
もっぱらの興味は、アイスホッケーと女の子と音楽。2人の女の子と同時に付き合いながら、悪びれる様子もない。
この”いかにも”という感じが、なんかユーモアがあって笑ってしまう。
そんな彼も、実は父を亡くした悲しみの塊が胸の中にあって、ふとした時にこみあげては爆発してしまう。

町に戻りたくなかったリーと、父を亡くしたパトリックが、色々なことが片付くまでの同居生活の最中にお互いの気持ちをぶつけ合うことで少しずつ歩み寄っていくのだが...

リーが町を出ることになるその理由がなんとも痛ましい事故だったことが、回想シーンで明らかになってくる。
それは、リーが自宅に大勢の仲間を呼んで酒にドラッグにと真夜中まで大騒ぎをした挙句、皆が帰った後に一人コンビニエンスストアまで買い物に行っている間に火事が起きてしまうのである。
戻ってきたときには、自宅は業火に包まれ、妻が「子供を助けて!」と泣き叫んでいる。
子供部屋が寒いからと暖炉に火をくべたまま、薪のストッパーをせずに出かけてしまったことが原因だった。火事は幼い子供3人の命を奪い去ってしまう。

その後、憔悴しきった様子で警察署で事情聴取を受け、「誰もが起こしうる不注意のせいなのだから自分を責めるな」となだめられても、自分自身を許せないリーが取った行動は、警官の拳銃を奪って自分の頭に向けて引鉄を引こうとする。複数の警察官に取り押さえられて未然に防ぐことはできたのだが、このシーンはかなり胸が痛かった。

描かれてはいなかったが、きっと子供を失い半狂乱になった妻からもありとあらゆる言葉で責め立てられたであろうことが想像できる。その後、兄や兄の友人がリーを気遣うのだが、彼はどんどん心を閉ざしていき、結局町を出ていくのである。

時が経って、再会した元妻も、再婚し子供が産まれたことで、リーのことを許せるようになり、あの頃の自分の態度を謝罪する。兄の親友もリーのことを気遣い、労わりの言葉をかけてくれる。
しかし、時が経っても、心の傷を癒すことはできず、甥の後見人になることも放棄して、ボストンに帰っていくことになる。

ただ、甥とのかかわり、兄の思い、元妻や兄の親友とのかかわりの中で、少しずつ心を開くことができ、殺風景だった半地下の部屋に甥が遊びに来られるよう家具を揃えるよ、と告げたことが、これからの彼の人生に小さな灯りがともったようで少しほっとした。
「癒えない傷も、忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。」
そう決心したリーの幸せを祈って。。。
重たいテーマの映画でしたが、見ごたえがありました。

最後に、この難しい役を見事に好演した主役のケイシー・アフレック(ベン・アフレックの弟)は、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞ほか各賞の主演男優賞を独占したそうです。

・・・naomi・・・







[PR]
# by naomichan_2 | 2017-07-17 22:44 | 映画・ドラマ | Comments(6)

9.光をくれた人

f0034334_12515095.jpg
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ
監督:デレク・シアン
映画館:シネマイクスピアリ 6月7日(水)レディースデー

この映画を見たのが1か月以上前
今思うと、この映画の記事を書くのに躊躇してしまい、その後のブログアップが止まってしまいました。
時期が過ぎてしまうと何を躊躇していたのかも忘れてしまいましたが...(笑)
「世界中が涙したラブストーリー」といううたい文句に、期待値が高すぎたからかな...?

悪くはない映画でした。
が、あまりに「作られた話」すぎて(映画なんだから当たり前なんですが)あまり共感できないまま見終わりました。

~思いっきりネタバレです~

第二次世界大戦後、戦争から復員してきたトム(マイケル・ファスベンダー)が志願したのが、孤島にある灯台守。
絶海の孤島であるその島に住む人は自分以外に一人もおらず、仕事は灯台のメンテナンスと毎夜灯りを照らすこと。
前任者は、あまりの孤独に耐え切れず精神的な病を患い入院してしまい、その後任としてやってきた。

戦争の体験以上に悪いことはないということなのか、ただ淡々と寡黙な様子のトムに対して、灯台守の世話役となる家族の一人娘イザベル(アリシア・ヴィキャンデル)は、若くて美しく快活な女性である。
彼女も二人の兄を戦争で亡くしていて、自分の生き方を模索しているところであった。
二人は手紙をやり取りするうちにお互い惹かれ合うようになり、結婚をし、孤島で暮らし始め、そして子を身籠る。

この島の自然の描写はとても美しく、そしてとても厳しい。
あるひどい嵐の夜、トムは灯台の様子を見るために出かけていく。トムを見送った後、嵐の激しさはどんどん増してくる。
そんな時イザベルを激痛が襲う。必死にトムを呼ぶのだが当然聞こえるわけもなく、あまりの苦しさにトムのいる灯台まで後を追うイザベル。外の階段を這うように昇っていくイザベルを激しい雨と風が打ち付ける。
しっかりと閉じられた灯台の扉を叩くのだが、風と雨の轟音でかき消されトムには全く聞こえない。
一方、トムは家の窓に灯るあかりを見ながらイザベルのことを想っている。
嵐が止んだ次の日の朝、灯台を出ようとして扉の前に倒れているイザベルに気づいて驚愕するトム。。。

あの嵐の中を出ていけば当然こうなるだろうし、自分だったらどうしただろう。
う~ん、まず、医者もいない孤島についていくとは言わないだろうなあ。

こんな風に最初の子供を失い、2度目の子供も流産してしまう。
傷心のためふさぎ込むイザベルとトムのもとに、ある日、小さなボートが流れつく。
その中にはすでに亡くなっている男性と、産まれて間もない泣き声を上げる女の赤ちゃんがいた。
(なぜ赤ちゃんだけが無事なのか?)

届け出ないといけないと主張するトムだが、自分の子供の代わりにその子を育てたいというイザベルの強い願いに負けて、自分たちの子供と偽って育て始める。

ルーシーと名をつけたその子がすくすくと可愛らしく育った2年後、あることがきっかけで、トムは本当の母親ハナ(レイチェル・ワイズ)の存在を知ってしまう。
ハナは街の資産家の娘で(その家族にもドラマがあるのだが)、子供はきっと生きていると必死に思い続けるハナの姿を目にして、罪悪感にかられたトムは「あなたの子供は大切に育てられている」と匿名の手紙を送ってしまう。

さらに2年後、警察によって二人と子供は引き離され、一人で責任を負ったトムは投獄されてしまう。
ルーシーと会うことを禁止され、悲しみに暮れるイザベル。そしてそのきっかけを作ったのがトムだと知り、深く傷つき、トムを絶対に許さないと頑なになる。

一方、本当の母親にまったく懐くことはなく、ママ(イザベル)を想って泣くルーシーを前に途方に暮れるハナが、子供の幸せを思いイザベルにある取引をする。
ルーシーかトムか、選択を迫られたイザベルが取った行動とは...


産みの親と育ての親の葛藤と、その事情を知らない子供の感情。
ちょうどそのころテレビでは「母になる」というドラマを放映していて、沢尻エリカと小池栄子の共演が話題を呼んでいました。
子供は純粋に自分に愛情を注いでくれる「母」を慕っており、葛藤しているの母親たちの間で「どうしてお母さんが二人いたらいけないの?」という子供のせりふがこの問題のテーマとして深みを与えているのだと思うのですが、自分に子供がいたならばもう少し実感をもって映画もドラマも見ることができたんだろうなというのが本当のところの感想です。

・・・naomi・・・










[PR]
# by naomichan_2 | 2017-07-16 14:02 | 映画・ドラマ | Comments(0)

デッキ de ランチ ~大人の女子会~

先日の日曜日
友人宅のテラスデッキでランチ会をしてきました。

同世代の女性4人が集まり、みんなでクッキングをしてからの食事です。
といっても、自宅を提供してくれた友人がほとんど下ごしらえをしていてくれました。

作りながらも食べながらも、話題が尽きることなく、あっという間の6時間でした。

しかし、4人のうち2人は、そのあとテニスへ。
なんてバイタリティのある人たちなのかしら~驚きです。
私はふくらんだお腹を抱えて帰宅105.png

天気にも恵まれ、カラッと晴れた気持ちの良い休日でした。
f0034334_00145937.jpg

173.pngゴートチーズとフルーツのサラダ173.png
173.pngポテトとパセリのビシソワーズスープ173.png
f0034334_00150673.jpg

173.png夏野菜の無水カレー173.png
f0034334_00151373.jpg

173.pngアップルパイ173.png
f0034334_00152817.jpg

友人はお花屋さんなので、テーブルにはいつも素敵お花が飾られます。
f0034334_00151905.jpg
179.png虫よけのアロマキャンドル179.png
何から何までおしゃれ~
f0034334_00153533.jpg

これからは、月いちくらいで「大人の女子会」ってことで、定例会にしましょうということになりました。
次回が楽しみです。

・・・naomi・・・





[PR]
# by naomichan_2 | 2017-06-07 00:33 | クッキング | Comments(2)

Fantasy on Ice 2017 in MAKUHARI

f0034334_00284658.jpg
f0034334_12590956.jpg
幕張メッセイベントホールで行われているアイスショー「P&G Presents Fantasy on Ice 2017 in MAKUHARI」に行ってきました。
ぎりぎりになって羽生結弦選手の出演が確定し、会場は99%女性陣で埋め尽くされていました。

羽生選手の大ファンの生徒さんからチケットが取れたからと誘って頂き、「プレミア席」というリンクそば、しかも前から2列目の席で観てきました。華麗なジャンプ、スピン、ステップだけでなく、スケーターたちの表情も間近で見られて、たっぷりLIVE感を堪能してきました。

ここで行われるアイスショーは、試合と違ってリンク周りに壁がなく、スケーターがより身近に感じられます。
客席の中にプルシェンコが飛び込んでいったのにはびっくり!!!
音楽や照明も鮮やかで、スケーターの皆さんも楽しそうに踊り、滑っているので観客も大盛り上がりです。

オフシーズンになると、現役スケーターたちもプロスケーターに混ざって各地でアイスショーが行われますが、この「Fantasy on Ice」はその出演者の豪華さが有名だそうです。
しかも、現役スケーターは次期シーズンのプログラムを初披露する方も多く、羽生結弦選手、宇野昌磨選手、それぞれのショートプログラムを発表していました。

また、アーティストとの共演もあり、3時間近くの公演でしたが、あっという間の時間でした。

出演スケーター
<国内現役>
羽生結弦
宇野昌磨
本田真凜
紀平梨花

<国内プロ>
織田信成
安藤美姫
鈴木明子

<海外現役>
ハビエル・フェルナンデス
エラジ・バルデ
カロリナ・コストナー
アンナ・ポゴリラヤ

<海外プロ>
エフゲニー・プルシェンコ
ステファン・ランビエル
ジェフリー・バトル
ジョニー・ウィア

<アイスダンス>
アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ

<アクロバット>
オレクシイ・ポーリシュク / ウラジミール・ベセディン

<エアリアル>
マリーピエール・ルレ

<出演アーティスト>
大黒摩季
中西圭三
清塚信也(ピアニスト)

・・・naomi・・・







[PR]
# by naomichan_2 | 2017-05-28 13:10 | 日記 | Comments(6)

8.モアナと伝説の海

f0034334_00234835.jpg
吹き替え:屋比久知奈(モアナ)、尾上松也(半神マウイ)、夏木マリ(タラおばあちゃん)ほか
映画館:シネマイクスピアリ

以前、映画館で予告編を見たときに、映像の綺麗さに惹かれ、ずっと気になっていた映画です。
字幕版を見るつもりでしたが、イクスピアリではもう吹き替え版のみでした。
でも、正解でした。キャストの声、歌、すべてがぴったりです。

ストーリーは、モアナという16歳の少女が島の危機を救うため、大海原に漕ぎだしていく冒険もの(ものすごくザックリ言うと)。

海や空や島など自然の描写がとても美しく、また、モアナやマウイの(白人ではない)肌の質感がとてもリアルで、実写を見ている錯覚にもおちいります。

モアナが歌うメインテーマが随所で場面を盛り上げてくれるし、ベビーモアナのかわいらしい場面、マウイとのコミカルなやり取りの場面、タラおばあちゃんとのほろっと涙する場面、ココナツの海賊たちとの戦いの場面、マグマの怪物との迫力ある戦いの場面、エンディングでの島の人たちと海に漕ぎだしていく場面などワクワクする場面が盛りだくさん、息をもつかせぬ展開で、爽快感たっぷりの満足のいく映画でした。

・・・naomi・・・




[PR]
# by naomichan_2 | 2017-05-18 01:22 | 映画・ドラマ | Comments(4)


日々の暮らしを切り取って。


by naomichan_2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

My life