素敵な偶然

一ヶ月ほど前のことです。

久々のお休みで、気分転換もしたかったので
前から見たかった映画でもみるか、と
行きつけの(?) 
東武練馬にある『ワーナー・マイカル・シネマズ板橋』に行くことにしました。

最寄の駅から電車に乗ると
二人のおじさまの間と、カップルの隣の席が空いていて…
何気にカップルの隣に腰を下ろしました。

しばらくして東武練馬の駅に着くと、
そのカップルも一緒に電車を降りました。

私の前を歩く二人の仲よさそうな様子を見ながら、
ああ、この二人も映画見に行くのかなぁ
いいわねぇ。
ふん、どーせ私はひとりですよぉ。

なあんてひがんだりはせず…(^_^;)

すたすたと二人を追い越して映画館のあるフロアへ直行しました。

平日の昼間だというのに、映画館は結構混んでいました。
カップル、家族連れ、そして一人で・・・
チケット売り場は長蛇の列でした。

チケットを買い、上映する部屋に入って
席に着こうとしたら…

あらま! なんと先ほどのカップルの隣ではないですか!

電車で偶然に隣に座った人たちが、また隣にいるのですよ!

チケットを買うときに、近くにはいなかったのに・・・

二人もこちらに気づいているかなぁ
「あら、さっき、隣に座ってた人。 この人、一人で映画見に来てるんだ」

そう思われてるかなぁ
なんて、勝手に思ったら、なんだか、居心地が悪いというか、恥ずかしいというか、
おかしいというか・・・

気づいていないかも…なんとも思ってないかもしれないのに、
私のほうが何だかとても気になってしまい、

彼が席を立ったときに、
思い切って彼女に声をかけてしまいました。

「あのー、さっき電車で隣に座ってましたよねぇ」

こんなこと聞いてくるなんて変なヤツ、と思われるかもしれないけど、
黙ってはいられませんでした。

案の定、彼女は一瞬怪訝そうに私のほうを見て…
「あ、そうですね! 私、このバック覚えてます!」
と私の持っていたバックを指差してにっこり笑ってくれました。

「こんな偶然ってあるんだなって、何だかおかしくて、声かけちゃいました。
ごめんなさいね。 びっくりさせてしまって…」
「いえいえ、ホント、こんなことってあるんですね」

「私もね、隣に座った彼のGパンに見覚えがあって・・・」
「ふふふ。 いっぱい、穴開いてますものねぇ」

とってもかわいらしい彼女と、思った以上に話が弾んでしまいました。
映画が始まるまでのほんのひと時でしたが、
なんだか、楽しく、あったかい時間を過ごすことができました。

思い切って、声をかけてみてよかったぁ

こういうのを素敵な偶然、って言うんでしょうね。

声をかけなければそれっきりでしたが、
人との出逢いって、こんなふうに生まれるものなのですね。



・・・naomi
[PR]
by naomichan_2 | 2007-07-28 22:11 | 日記 | Comments(0)


日々の暮らしを切り取って。


by naomichan_2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

My life