<   2017年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ユーミン コンサート~宇宙図書館~

4月26日(水)
国際フォーラム Aホールにて

昨年11月に発売された38枚目のアルバム「宇宙図書館」
そのコンサートツアーが今年9月までに80公演行われています。

basiaさんからお誘いいただいて行ってきました。

ユーミンのコンサートは、若かりし頃、毎年のように行っていましたが、いつの間にか足を運ばなくなって何十年。

ネットでは、ユーミンも「劣化」した、なんて噂を聞くにつけ
お互い年を取ったものなぁ、なんてちょっと悲しい気分になっていました。

ところがどっこい!
悲しい気分になんかなって、ユーミン、ごめんなさい!
とってもとっても素晴らしいコンサートでした。

まずは、舞台中央にしつらえられた巨大図書館(高さ9m、幅18m)に圧倒されます。

立体感あり、プロジェクションマッピングあり、エアリアルあり・・・この、圧倒的な舞台のなかで、ユーミンの衣装もシックなスーツから始まり、アラビアンナイト風、クレオパトラ風、宇宙服風(?)ドレス60年代Girl風ピンクのワンピース、飛行服、、、歌に合わせた早変わりにワクワクしました。

歌の内容も、「宇宙図書館」に収められた歌と、懐かしの歌を交互に歌ってくれたので、新アルバムを聴いていなくても充分楽しめます。(でも、初めて聞く歌もやっぱりユーミンソングだから、す~っと心に入ってきました)

懐かしいところでは、ひこうき雲、リフレインが叫んでる、ルージュの伝言、春よ来い、破れた恋の繕し方教えます、、、
そして、メドレー(ユーミンまつりと名付けました)は、埠頭を渡る風、ディスティニー、守ってあげたい、カンナ8号線ほか、そしてそしてエンディングの、卒業写真、、、数えきれないほどの、これぞ「the ユーミン」。
イントロが流れるたびに、歓声が沸き起こり、会場が一体となって盛り上がります。

ああ、ユーミンはまさに、「青春そのもの」

とはいえ、ユーミンも御年62歳。「眠れないときは、本を読みます。老眼鏡をかけて。」なんて言っちゃうものだから、相変わらずお茶目だけど、「ユーミン、ちょっとぉ、やめて~~!」って思っちゃいました。
後半、声もかすれがちになっていたけど、ほぼ2時間、メドレーも入れて30曲近くを歌いっぱなし。
素晴らしい!!! やっぱりユーミン、最高です。

今回のコンサートは、合計42都市80本で、これまでのユーミンのコンサートの中でも最長だそうです。
国際フォーラムがちょうど折り返し地点で、本人も「あと40公演!頑張ります!」って言っていたけれど、ユーミン、ほんと頑張って!

最後に、誘ってくれたbasiaさん、本当にどうもありがとうございました。
とても良い時間を過ごすことができました。
今回、ご本人はお仕事の都合で行かれなくなってしまいましたが、7月にチケットを取れたと聞いてほっとしました。
思いっきり楽しんできてくださいね。

・・・naomi・・・




[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-30 00:12 | 日記 | Comments(4)

7.美女と野獣

f0034334_17061875.jpg
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ケヴィン・クライン、イアン・マッケランほか
映画館:シネマイクスピアリ

ロードショー初日、basiaさんと一緒に観てきました。
ぎりぎりに駆けつけたので、席は前から2列目。

むか~し昔、「トップ・ガン」を最前列の端の席しか空いておらず、仕方なくそこで見たときに、首が痛くて、トム・クルーズの腕がやたらに太く見えたことしか印象に残らなかったことを思い出し、あきらめようかとも思ったのですが、basiaさんの決意に促されて(笑)見ることにしました。

でも、かえって画面から近いことで、大迫力。
まるでその景色の中に入り込んでいるかのような体験もできて、それはそれで楽しかったです。

あまりにも有名で、アニメーションでもお馴染みの「美女と野獣」をディズニーが完全実写化。
公開前から話題でしたが、実に素晴らしい映画でした。

冒頭は、野獣に変えられてしまう前の王子が、たくさんの花嫁候補たちと踊る舞踏会。
煌びやかな世界、音楽に圧倒され、あっという間に映画の中に引き込まれてしまいます。

そして、老婆に化けた魔女に呪いをかけられ野獣となってしまう王子と骨董品に変えられてしまった人たち。
薔薇の花の最後のひとひらが落ちる前に、本当の愛を得ることができないと永遠に呪いを解くことができない。
煌びやかだった城が、廃墟となり、どんどんと暗く、森の奥深くに沈み込んで、人々の記憶からも忘れ去られていく。

もうわずかしか残っていない花びらに、絶望する野獣と骨董品たちの前に現れた美しい娘ベル。
初めは野獣を恐れ、憤るベルが、次第に心を通わせていき、野獣の表情もどんどん優しく変化していくのが微笑ましい。

しかし、あと少しというところで、父の身の上を案ずるベルを村に帰してしまう。
遠ざかっていくベルを見送りながら、野獣が切ない心を歌い上げる。
その歌「Evermore~ひそかな夢~」が私は一番気に入りました。

ちょっと話はそれますが、
大好きなミュージカル「オペラ座の怪人」の中で、怪人がクリスティーヌを想って歌う「The Music of the Night」に通じるものがあって、胸がジーンと熱くなります。

話を戻すと、これまでは描かれなかった、ベルの両親の悲しい過去の物語や王子を野獣に変えてしまった魔女の話。
骨董品に変えられてしまったミセス・ポットと記憶を亡くした村人のミスター・ポット。
ガストンとその相棒ル・フウのでこぼこやり取り。
ストーリーに膨らみがあって2時間19分があっという間に感じられました。

そして、ミュージカル映画の王道らしく、楽曲が素晴らしい。
お馴染みの「Beauty and the Beast」「Be Our Guest」はもちろん。
ある意味圧巻だったのは「強いぞ、ガストン」狭い酒場の中で、大盛り上がりで暴れまくるガストンのドヤ顔が憎たらしくて可笑しい。

そして、ベル役のエマ・ワトソンが歌う「Belle~朝の風景~」と「How Does A Moment Last Forever ~愛の芽生え~」。
あの「ハリーポッター」のハーマイオニーがすっかり美しく素敵なお嬢さんに成長し、生き生きと歌っている姿に感心。
今回の出演のためにトレーニングを重ねたとのこと。
特に、「Belle~朝の風景~」は「サウンド・オブ・ミュージック」のオープニングのようにさわやかな歌です。

ストーリーは、終盤に向けてガストンと野獣の戦いが繰り広げられる。
ガストンによって重傷を負わされた野獣が息を引き取るとともに、最後の花びらも散り、骨董品たちも次第に動けなくなっていく、辛く悲しい場面。

ベルの必死の叫びに魔女の呪いが解けて野獣に、骨董品たちに、廃墟となった城に光が満ちていく。
この場面に、自然と涙があふれて次から次へと流れてきました。

エンドロールでもう一度「Evermore~ひそかな夢~」を聞くことができて大満足し、見終わったときの清々しさが忘れられない映画でした。

今度は後ろの席で、もう一度見てこようかな(笑)

・・・naomi・・・









[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-23 19:38 | 映画・ドラマ | Comments(2)

芝桜まつり

千葉県にある『東京ドイツ村』に芝桜を見に行ってきました。

満開から少し過ぎてはいましたが、素晴らしい景色でした。

何年ぶりかで観覧車にも乗りました。
f0034334_18040380.jpg

f0034334_18040484.jpg

f0034334_18040415.jpg

f0034334_18040516.jpg

f0034334_18040552.jpg

f0034334_18040628.jpg

f0034334_18040607.jpg

f0034334_18040715.jpg

まるで花の絨毯です。

昔から、芝桜が好きで、道端で見かけるとなんだか嬉しくなりました。

いつか行きたいと思っていた芝桜まつり、ようやく念願が叶いました。

・・・naomi・・・


[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-21 17:56 | 日記 | Comments(2)

春爛漫 ~フラワーミュージアム~

お墓参りの帰りに、美味しいパン屋さんでパンを買い込み、
稲毛海浜公園のフラワーミュージアムへ
f0034334_18120921.jpg
今は、ポピーやチューリップの花が真っ盛りです。
f0034334_18122089.jpg
f0034334_18122650.jpg
様々な色のチューリップの円形花壇
f0034334_18123152.jpg
f0034334_18124393.jpg
f0034334_18124353.jpg
f0034334_18124408.jpg
f0034334_18124473.jpg
f0034334_18131044.jpg
f0034334_18125521.jpg
f0034334_18131064.jpg
ネモフィラたち
f0034334_18131056.jpg
リナリア
f0034334_18125635.jpg
不思議な形の
ユーフォルビア・キャラシアス
f0034334_18125548.jpg
f0034334_18275939.jpg

初めて見ました
アーモンドの花
f0034334_18125565.jpg
ハナモモの木
f0034334_18130946.jpg
花の季節は心がウキウキします。

・・・naomi・・・







[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-16 18:20 | 日記 | Comments(0)

春爛漫

いいお天気でしたので、桜の名所にもなっている千葉市営平和公園墓地までお墓参りに行ってきました。
さすがに桜の季節は終わっていましたが、花びらがひらひらと風に散って流れていく様が見られました。
f0034334_18021496.jpg

お墓の前に咲いていたタンポポのそばに、バッタ(?)の子供を見つけました。
f0034334_18020069.jpg
小さいながらも一生懸命生きているんだなあ~
大きくなってね

・・・naomi・・・


[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-16 18:09 | 日記 | Comments(0)

6.パッセンジャー

f0034334_21373161.jpg
出演:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン
監督:モルテン ティルドゥム
映画館:シネマイクスピアリ

「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つーー。」

予告編を見て気になっていた映画です。
冬眠しながら120年後の移住先の星に向かっている宇宙船の中で
二人の男女が目覚めてしまう。
目的地まではまだ90年。
宇宙船の中で人生を終えることが確実になってしまった二人の運命は。。。

想像していた以上に面白くて、そして奥が深い内容でした。

そしてまた、宇宙を進んでいく宇宙船の映像が素晴らしく、
「宇宙」って本当にこんな風になっているのだろうなぁと
なんだか実感してしまう美しさなのです。

~ここから先はネタバレもあります~

冬眠ポッドの事故により始めに目覚めてしまうジム(クリス・プラット)は、
120年の旅の途中で、まだ30年しか経っておらず、あと90年経たないと目的地には到着しないという事実に絶望する。

広い宇宙船の中には5000人の乗客と270人のクルーが眠っている。
けれど、その中で起きているのはたった一人。

話し相手はアンドロイドのバーテンダー、アーサー(マイケル・シーン)だけ。

孤独と絶望に耐え切れず、宇宙船の外に身を投げ出してしまおうともするのだが、
最後の最後で踏みとどまる。。。

残りの何十年という生涯をたった一人で送らなくてはならないという事実が胸に迫ってきます。
もちろんそんな状況に陥ることは今の自分にはあり得ないことと思うのですが
もし、そんなことになったら、、、自分だったらどうするだろう、、、想像もできません。

1年の時が過ぎ、ジムはある行動をとります。

そして次に目覚めてしまう女性オーロラ(ジェニファー・ローレンス)は、
最初にジムがとった行動と同じようにパニックに陥る。

徐々に落ち着きを取り戻し、あきらめとともに、
唯一同じ状況を共有するジムと日々を暮らしていくうちに惹かれていくようになる。

穏やかな時間が流れていき、ジムが自分で作った指輪を用意してオーロラにプロポーズをしようとしたとき、
オーロラはなぜ自分が目覚めたのかを知ってしまう。

一方、宇宙船には重大な事故が起きていた。
突然、停電になったり、重力安定装置が作動しなくなって無重力になったり、
ロボットが壊れたり、その頻度が日増しに増えていく。

ジムが目覚めてから2年後、
同じく冬眠ポッドの事故で目を覚ました甲板長のガス(ローレンス・フィッシュバーン)が、
宇宙船の深刻な状態を次々と修理していくのだが、原因を突き止める前に亡くなってしまう。

その後を託されたジムとオーロラは、宇宙船と5000人の乗客を救うために命がけの行動にでる。

・・・

88年後、宇宙船が無事目的地に近づいて、冬眠から目覚めたクルーたちが目にした光景は...
宇宙船の中いっぱいに枝を広げた大きな樹と緑の中で飛び回る小鳥たち。
まるで楽園のような風景に目を見張るクルーたちなのでした。



壮大なスケールの映画なのに、登場人物はたったの3人とアンドロイドが1人。
それだけに、究極の孤独という状況の中で、人間はどんな行動をとるのか。
倫理観はどうなるのか。

時間が経ては経つほど、奥が深いな...と感じさせてくれる映画でした。
家に帰って、先に見てきた妹と語っているうちにますます感動が広がってきました。
もう一度、改めてじっくり見てみたい映画です。

・・・naomi・・・






 









[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-16 01:04 | 映画・ドラマ | Comments(2)

傘寿のお祝い~お食事編~

母の傘寿のお祝いに家族で食事をすることにしました。
場所は、ホテルニューオータニ幕張の和食処「千羽鶴」です。

お天気はあいにくの曇り空&時々小雨でしたが、
ここでも満開の桜が出迎えてくれました。
f0034334_18440454.jpg
f0034334_18431835.jpg
ロビーにも桜
f0034334_18440374.jpg
f0034334_18440461.jpg

窓際の席に案内してもらいました。
中庭は、、、ちょっといまいちかな。
f0034334_18490704.jpg
さてさてお料理です。
今日は「華会席」を予約しました。
f0034334_18504898.jpg
f0034334_18510409.jpg
先付
-蟹と青豆豆腐 ぜんまい旨煮-
f0034334_18511724.jpg

お椀
-蛤真薯-
f0034334_18513897.jpg
f0034334_18514818.jpg

お造り
-鮪と鯛の二点盛-
f0034334_18434865.jpg

煮物
-柔か豚角煮と大根-
f0034334_18434853.jpg
f0034334_18434884.jpg

進肴
-国産牛フィレミニステーキ生姜風味-
f0034334_18434879.jpg
ご飯と留椀
-山菜おこわ 赤出汁-
f0034334_18434874.jpg
f0034334_18434931.jpg
甘味
-三点盛(母にはプレート付き)-
f0034334_18434991.jpg
一つ一つのお料理が少し濃いめにしっかりと味付けがされていたので、
濃い味が好きな母も「美味しい」と喜んでいました。
家に帰ってきてからも、「今日はご馳走様」と嬉しそうにしてくれていたので
こちらも嬉しくなりました。
「次は米寿だね」と言ったら、
その前に私の「○○」じゃないの...と言われ、愕然!

・・・naomi・・・





[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-08 19:11 | 日記 | Comments(4)

春の夜のお散歩~フルーツパーラーから夜桜~

会社帰りに職場の女子と3人で「パフェ」を食べて帰ろうということになり、

最初に出てきたコースターがとてもかわいらしいの。
凸凹していて、滑らないようになっているのが素敵です。
f0034334_17334978.jpg
このお店は、ホットケーキパーラーなので、
メインのホットケーキもとても美味しそう。
迷ったけれど、初志貫徹で、フルーツパフェをたのみました。
f0034334_17340888.jpg
↓写真加工したら…更においしそう101.png
旬のフルーツが盛りだくさん
イチゴは「あまおう」、みかんは「せとか」・・・
ほかのもすべて説明してくれましたが、覚えきれませんでした(^^;


168.pngそして
このお店の場所が、赤坂と六本木一丁目のちょうど真ん中くらいだったので、
アークヒルズの桜を見に行くことに...
今年の桜は例年に比べて花の咲く期間が長いそうです。
そうはいっても、週末の雨で散ってしまうかもしれなく、
その前に最高の桜を見ることができました。

179.pngアークヒルズの桜坂からスペイン坂へ 179.png
f0034334_17345499.jpg

f0034334_17352435.jpg
そして、サウスタワーからアークヒルズに続くブリッジは、
スペイン坂の桜並木を見下ろすことの出来る隠れたお花見スポットだそうです。
月も綺麗に輝いていました


↓ アークヒルズのホームページより
f0034334_17343874.jpg
f0034334_17342674.jpg

桜を見るとなんだかワクワクしてしまいます。
まだ、夜風が冷たい日もありますが、確実に季節は春を迎えています。

・・・naomi・・・






[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-08 18:06 | 日記 | Comments(0)

傘寿のお祝い

179.png本日、母が80歳の誕生日を迎えました179.png
「傘寿」ですね。

見た目はすっかり「おばあちゃん」(本人はそう思いたくないらしい)ですが、
特に不調なところもなく、、、あ、耳はかなり遠くなっています。
都合の悪いこと、聞きたくないことは聞こえないみたいです(笑)

毎日、録画した「韓流ドラマ」を楽しみに見ているか、漢字パズルと格闘しています。

足腰もしっかりしているので、自転車にも乗っています。
買い物に行くと両手いっぱいにスーパーの袋を下げて階段を上ってきます。
「こんなに買うつもりじゃなかったんだけどね~」って、毎回言います。
そうそう、たま~にお米の袋も下げてくるので驚きます。

ボケ防止のために、基本メインの食事は作ってもらっています。

洗濯は、「干し方」にこだわりがあるらしく、
「お母さんでないと干せないから」というので、お任せしています。

つまり、生活のほとんどを母が賄ってくれています。
ありがたい。。。

今の家に越してきたのは、43年前。
そうか、母はまだ30代だったんだ!
そう考えると、ちょと感慨深いなあ。

最近、同じ話を何度も繰り返すようになってきて、
(本人は初めて話すことのようですが)
さすがに年を取ったなぁと感じます。

まだまだ元気でいてもらわないと。

来週の土曜日は、家族で食事に行ってきます~。

・・・naomi・・・







[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-02 22:57 | 日記 | Comments(6)

桜咲く

公園の桜が1本だけ花を咲かせました。
枝が目の前まで下りてきています。
f0034334_22245004.jpg
f0034334_22250062.jpg
花冷えの日が続きましたが、
いよいよ春も本番ですね。

・・・naomi・・・



[PR]
by naomichan_2 | 2017-04-02 22:26 | 日記 | Comments(2)


日々の暮らしを切り取って。


by naomichan_2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

My life

クリックよろしくね。
人気blogランキング!
ありがとうございます!

最新のコメント

> hanaさん コメ..
by naomichan_2 at 18:19
> ♥ junjunさん..
by naomichan_2 at 18:14
naomiさまの紹介文に..
by hana-kurashi at 18:52
🎵お祝い..
by ♥ junjun at 20:59
> basiaさん い..
by naomichan_2 at 21:39
いつもながらにきちんと整..
by basia at 21:59

お気に入りブログ

出逢った想い出たち
松井秀喜選手の「夢」物語
フラワースタジオクレール
ファーサルキド
☆FREEDOM☆
美食大好き!
Buono Buono!
歌は心の友
心のハーモニー
ライヤのお昼寝

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
映画・ドラマ
イ・ミンホ
PROFILE
旅行
クッキング
未分類

育ててます

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧